注文住宅を建てる方におすすめポイント

“注文住宅のメリットは、細かい部分まで自分の好きなようにデザインしたり、建築資材を選べる点です。
最近、注文住宅を建てた私が、これから注文住宅を建てる方に、おすすめのポイントをいくつか紹介していきますね。

■ブラインド式のサッシ窓
お風呂やトイレに窓があると、コンスタントに喚起をして、湿気や臭いを解消することができます。
マンションですと、中の家は、壁に挟まれているので、窓のない部屋ができてしまいます。
それで、お風呂やトイレに窓がないマンションって、たくさんありますが、水回りに窓がないと、四六時中換気扇を回していないといけなかったり、カビが生えやすくなってしまいます。
注文住宅を建てる方は、お風呂とトイレには、小さめの窓を設置しましょう。
お風呂やトイレの位置が、道路に面していて、小さい窓でも開けておくと、外から中の様子が見えてしまうから、心配という方もいるようです。
そんな時には、お風呂やトイレの小窓に、ブラインド式のサッシを付けると良いです。
ブラインド式なので、光の入り方を調節できたり、風を通せる状態にして、外からは中の様子が見えないようにもできます。
私は、このブラインド式のサッシをお風呂の小窓に付けてもらって、本当に感動しています。
お風呂の窓は二重ガラスなのですが、ブラインド式のサッシを付けることによって、防犯性が高まるし、窓を開けた状態で、ブラインドを少し開けておくと、換気もできます。
あちこちの家では、あまり見ないブラインドサッシですが、お風呂やトイレ、道路に面している部屋など、設置しておくと大変便利です。

■トイレの埋め込み棚
注文住宅ですと、建てている途中に、壁の中に、奥行の狭い棚を埋め込むことも可能です。
壁に棚を埋め込む場所として、おすすめなのが、トイレや洗面所です。
うちは、トイレの壁に、おしゃれな小さい棚を埋め込んでもらいました。
壁の中に、棚を建築途中で埋め込んでもらうと、狭いトイレや洗面所の空間を最大限に活かして、収納力を高めることができます。
トイレの棚は、トイレットペーパーが入る奥行の物を設置してもらいました。
おかげで、トイレットペーパーを15個ぐらい、ストックできます。
注文住宅はこのように、細かい部分でも、大変便利に造ってもらえるので、是非今回紹介したアイデアを取り入れてみて下さいね。