キッチンに使用される床材の種類と特徴

“食材や水を扱うキッチンの床は汚れやすいものです。せっかく新築の家に住むなら、長くきれいな状態を保ちたいと思いませんか。
きれいな状態を保つためには、床材の選び方がポイントです。そこで、どんな床材があるのかメリット・デメリットとともに紹介します。

●フローリング
フローリングの床は、キッチンとリビングが一続きになっている場合、統一感が生まれます。
フローリングには、複合フローリングと無垢フローリングがあります。
合板は薄い木材を何枚か重ねたもので、表面に化粧材が張られています。化粧材を張ることで、汚れに強くなり、汚れを落としやすくなっています。
無垢フローリングは自然の風合いがあり、優しさを感じられます。
水に強いのは複合フローリングです。汚れのお手入れを簡単にしたいなら、複合フローリングを選ぶとよいでしょう。

●フロアタイル
フロアタイルとは、塩ビ素材でできた床材のことです。フローリング風や大理石風など、さまざまなデザインがあります。
タイルは触れるとひんやりしそうですが、フロアタイルにはそのようなことがありません。タイルを貼りたいけれど寒さは苦手という場合、フロアタイルが適しています。
耐水性は高いのですが水が浸み込んでしまうことがあり、水を多く使用するキッチンでは注意が必要です。

●クッションフロア
フロアタイルと同じように塩ビ素材を使用した床材なのですが、裏側にクッション素材が使用されている点が違います。そのため、柔らかさを感じられます。
一方で柔らかさはデメリットにもなり、家具を置くと凹んでしまいます。

●コルクタイル
ワインの栓に使用されているコルクをイメージするとわかると思いますが、コルクタイルには柔らかさがあります。遮音性、調湿性、保温性なども備えています。
しかし、長く使用していると紫外線によって変色してしまいます。

キッチンに使用される床材にはいろいろなものがあります。デザイン性や機能性などを考慮して選んでみてください。”