拡張性のある住宅を考えました

“住宅を建てる時に色々と調べたのですが、最近は本当に注文住宅のバリエーションが多くてサンプルを見てるだけでも楽しくなりました。

色々と最新鋭の設備もあり、また拡張性のあるオプションも豊富でありあれもこれも取り入れたいなと思ってしまいました。このような一軒家や住宅を建てる際には、基本的な設計と一緒に拡張性のあるオプションを選ぶのが大切ですが、これは自分や家族が一緒に成長していくという将来も含めて考えないといけないなと思いました。

まず最初に家族と話し合ったのですが、意外にも飛んできた意見としてはペットを将来飼いたいというものがありました。ペットに関しては自分は飼ったことがなかったのでその発想が思いつかなかったので、これも条件に入れないといけないなと思いました。今現在飼っていなくても将来的にペットを飼うとなると、室内も屋外も設計を変える必要があるのでこの辺も住居のサンプル例などを参考にさせてもらいました。

また設計を頼んだ工務店の人にもペットの環境を将来的に取り入れるという条件を伝えたところ、色々な設備やオプション例を出してくれたのでとても参考になりました。猫などの室内飼いの場合はそこまで変化がないと思われますが、犬のような室外で飼う可能性があると設計もまた変わってきました。これらの飼う場所の問題も大きく考えていったのですが、ペットを飼う際にはさらに騒音関係も考えないといけません。

ペットの騒音は自宅だけではなく近隣の家にも影響があるので、騒音対策や防音対策もしっかりとできる設備やオプションを付けられるように設計を立てました。ペットも家族という考えはとても分かりますし、だからこそ将来家族が増えた時を考えて拡張性のある設計やオプションを選ぶのはとても大切なことだと思いました。

現在では室内で猫を飼っているのですが、猫と一緒に楽しく暮らせる生活空間ができているのでとても楽しい日々を送っています。ペットだけではなく将来のことを考えて拡張性のある計画を立てるのはやはり大切だと思います。”