台風が多いエリアでの家造り

“台風が多いエリアではスレート瓦を使用している家はあまり見かけません。何故台風が多いエリアではスレート瓦のような屋根を使用していないのかについて説明をします。まず、私の住んでいるエリアは結構台風が多いエリアでスレート屋根と言うタイプの屋根は少ないです。その理由ですがスレートはタイプとして金属で構成されている物とコンクリートで構成されているものがあり、台風が多い私が住んでいるエリアでは見かけることもあります。

ですがやはり多いのは瓦でその理由は瓦は厚みさえあれば頑丈で台風の風で飛ばされることが無く、割れてしまっても屋根として機能するので台風が多い沖縄なんかでは主力の屋根素材なんです。一方屋根瓦もコンクリートで出来ている物なんかもあるんですが、こっちは止めておいた方が良いです。

理由は頑丈ではなく水に弱いのです。正確には水で浸食されていくので段々とボロボロになっていくのがコンクリート製屋根瓦なのです。本来の屋根瓦は磁気で出来ていて焼き物です。この磁気は、例えばスワットなんかの特殊部隊の方が着ているアーマープレートと言うやつにも使用されてまして、頑丈であるのが取り柄です。

その為台風が多いエリアでは屋根瓦は焼き物タイプの瓦が多いのです。金属タイプは金属が劣化するので劣化してくると強度が下がります。その為昔の防弾ジョッキと言う物は金属が多かったんですが劣化してくると強度が下がり穴が開くので現在のような磁気の防弾性繊維を含んだものになっているんです。

このように台風が多いエリアではお勧めは焼き物タイプの屋根瓦がおすすめで、その後に金属のスレート屋根が続く感じです。コンクリート系の繊維は、軽いというのとコストが安いというのが利点ですが、コストを削減して家を建てた場合、台風が多いエリアでは屋根が飛んでいくことも考えなければならないのです。

瓦は重いので台風に強いのが特徴なんですが、問題が無いわけではないです。住居の屋根の重さが増すので地震には強くないのが問題となり、生まれたのが金属のスレート屋根になるので、自身を考慮した場合金属のスレート屋根のほうがおすすめですが、維持費の観点から言いますと金属スレートは結構面倒で錆が10年程度で発生するのでそれを考慮すると瓦は割れない限り一生ですので、金属で地震と台風に強い屋根か、瓦で台風に強い屋根を台風が多いエリアではお勧めします。”