キッチン収納扉の素材の特徴

“キッチンをスッキリ使用するために欠かせないものが収納です。収納扉の素材には、ステンレスや木製などさまざまなものがあり、それぞれ見た目や掃除のしやすさなどが違います。

長く住むことになる家なので、どのような収納扉にするのかよく考えてみてください。
そこで、収納扉に使用される素材の特徴を紹介します。

●化粧シート
化粧シートとは、樹脂やオレフィンなどを木質ボードや合板などに貼り付けたものです。プリントシートとも呼ばれることがあり、シートの柄や色などデザインが豊富です。傷がつきにくい、汚れを取りやすいという特徴があります。

●メラミン化粧板
メラミン樹脂を含んだ紙などを何枚も重ねて、加圧して作った化粧板のことです。傷や汚れに強い、耐水性が高いといった特徴があります。キッチンは水を扱う場所なので、耐水性が高いことはメリットといえるでしょう。

●塗装
ウレタン樹脂塗料やUV塗装があります。ツヤのある仕上がりと強度が高いことが特徴です。

●ステンレス
ステンレスは汚れに強い特徴があり、軽い汚れならサッと水拭きするだけでも落とすことができます。熱にも強いです。
しかし、傷つきやすいので硬いタワシでこすらないようにしたり、硬いものを落とさないようにしたり、注意が必要です。

●木質
天然無垢材を板状に加工したものをそのまま使用したものや、薄く木材を表面に貼りつけたものなどがあります。
無垢材は美しい木目が特徴的です。
キッチンに使用する場合はウレタン塗装などをして汚れへの耐性を高めることが一般的ですが、濡れたまま放置していると浸みこんでしまいます。

●ホーロー
ホーローとは、金属材料にシリカを主成分とする釉薬を焼き付けたものです。ツヤツヤとした見た目と、傷や熱に強いことが特徴です。
表面にひびが入るとそこから汚れが浸み込んでしまい、錆が発生することがあります。

このようにさまざまな素材があります。特徴が違うので理想とするキッチンをイメージして選んでみてください。”