ステンレスキッチンのメリット・デメリット

“ピカピカと光るステンレスキッチンは清潔感があります。作業台がステンレスというのはよく知られていますが、収納やキャビネットもステンレス製のオールステンレスキッチンというものもあります。
住宅を建てるとき、ステンレスキッチンにしようかなと悩む方もいると思います。そこで気になることが、メリットやデメリット、お手入れ方法です。
ここでは、オールステンレスキッチンのメリット・デメリット、お手入れ方法を紹介します。ステンレスキッチンのことをよく知って、住宅に取り入れるか考えてみてください。

●メリット
・清潔に保つことができる
ステンレスは、臭いや汚れがつきにくく清潔に保ちやすい特徴があります。
食材を扱うキッチンは臭いも汚れもつきやすい場所です。口に入れるものを扱う場所だからこそ、清潔に保ちやすいものです。
オールステンレスキッチンなら、食器や調理器具などを収納する場所までステンレスなので、衛生的です。

・耐久性に優れている
ステンレスは熱に強く、さびにくい特徴があります。不動態被膜というものが表面に張られていて、これによってさびにくくなっています。

●デメリット
・傷がつきやすい
硬いタワシなどでこすると傷がつき、線のような跡が見えてしまいます。また、硬いものをぶつけると凹むことがあります。
しかし、メーカーによっては傷つきにくく丈夫なステンレスキッチンが登場しています。傷が気になるようなら、こういったものを選ぶとよいでしょう。

・もらい錆びに注意
もらい錆びとは、他の金属の錆びが金属に付着してしまうことです。錆びているものを放置しないように注意が必要です。

●お手入れ方法
軽い汚れは柔らかい布巾で水拭きするか、中性洗剤を使用して拭き取りをします。
落としにくい汚れは、中性洗剤を使って歯ブラシでこすって落とします。金属製のタワシやナイロンタワシなどは使用しないでください。
もらい錆びを防ぐために、塩分を拭くもののを放置しない、缶など金属製のものを放置しない、といったことに注意をします。