私がマイホームに求める籠り部屋について

私が将来のマイホームで求めたい内容としますのが、大人の籠り部屋であります。大人の籠り部屋としまして、非常に様々な趣向を凝らした部屋の数々がありますが、特に男性としましては、一人の時間と言うのが非常に大事で一人の空間と一人の部屋、そして、一人の時間を満喫できるかどうかで、ストレスの度合いや、閃き等も異なってきます。

そのような中で私が必ずマイホームで求めたい内容としましては、大人の籠り部屋であります。最近問題になっております子供部屋おじさんではなくて、所帯を持っている状態で、童心に帰ったり、自分の時間を通じて、閃きや発想を大事にする部屋としまして、重宝していきたいと考えております。

大人の籠り部屋で大事にしたい内容としましては、趣味や仕事に没頭する贅沢な時間としまして、住宅性能の向上に伴いまして、家族がつながる大空間でのリビングや、吹き抜け等のオープンな間取りが人気でありますが、妻や子供の部屋を確保した上で、やはり、余裕があれば、世帯主の自分自身の部屋を作りたいと言うのが本音である部分であります。

趣味や仕事に没頭できる場所も、必要と言う形で、私個人的には、大人の籠り部屋としまして、できれば、趣味の部屋と勉強部屋であります書斎に分けたいなと言う思いがあります。その中でやはり子供心に帰るような形で、秘密基地のような、子供の隠れ家的なミニ書斎が人気であります。ロフトに続く、階段や、ロフトには、寝そべってテレビがみれるような内容でありましたり、本棚も確保して、木を基調とした全体感がなんともいえない隠れ家的な、ミニ書斎をイメージさせてくれます。

やはり大人でも一人の時間と言うのは大変重要で、それは大なり小なり形を成していれば大丈夫でありますので、例えば、書斎のような部屋が確保できるのが難しい状況でしたら、廊下の一番端に小さな書斎をもうけたりですとか、それだけで、自分の空間を確保できる形になりますので、オススメです。