ヒートショックを防ぐための家の工夫

“ヒートショックとは、温度の急激な変化によって血圧が変動をし、血管や心臓に負担がかかる状態のことです。暖かい部屋から冷たい部屋に移動する際、特にトイレやバスルームへの移動で起こることが多くあります。
ヒートショックの防止のためには、温度差を少なくすることがポイントです。
家を建てるときには、ヒートショック対策のために温度差が少なくなるような工夫をしてみてはどうでしょうか。では、どんな対策ができるのかみていきましょう。

●二重窓
暖かい空気は冷たい空気の方に逃げていってしまう性質があります。そのため、室内で暖められた空気が窓周辺で逃げていくことになります。これによって、さっきまでは暖かかったのに、暖房を消して少し別の部屋に移動をして戻ってきたら、部屋が冷たくなっていたということが珍しくありません。
そこで、二重窓を使うことが熱が逃げないように防ぐために効果的です。
二重窓を設置すれば、結露の防止にもなります。

●ユニットバス
タイル張りの浴室よりもユニットバスの方が温度環境が快適になります。二重窓にすれば、さらに温度差を小さくすることができます。天井裏への断熱材を忘れてしまうと寒さ対策が不十分になるので、天井裏のことも忘れないようにしましょう。

●浴室暖房
脱衣所とお風呂場での温度差も少なくしなければなりません。そこでおすすめなものが浴室暖房です。後から入る人はお湯の使用によってある程度浴室が暖まっていますが、最初にお風呂に入るときには冷え切っていることが珍しくありません。浴室を暖めておけば、ひやっと感が減少します。

●トイレや洗面所の暖房機
トイレや洗面所にも暖房機があると安心できます。足元だけを温めるタイプのものでも、あるのとないのでは違います。暖房器具を使用できるようにコンセントを設置しておくとよいでしょう。

ヒートショックを防ぐポイントは、室内の温度差を少なくすることです。二重窓や暖房などを使用することで対策ができます。”