猫が自由に移動できる家の工夫

“猫を室内飼いしていると、「狭い場所に閉じ込めてしまっているようでストレスにならないか」「もっと運動させた方がよいのではないか」など、さまざまな不安が出て来る思います。しかし、入って欲しくない部屋もあるので、あまり自由に動き回られても困ります。
人間と猫が快適に一緒に暮らすためには、家の工夫が必要です。猫の安全を確保しながら、ストレスフリーで生活するためにできる工夫があります。

●ライトスルースクリーン
火や水を扱うキッチンに猫が入って来てしまうと危険です。入って欲しくないところには、ライトスルースクリーンの設置がおすすめです。
ライトスルースクリーンとは半透明の間仕切りのことで、間仕切り越しにお互いのことを確認できるので、部屋に入ることができなくても安心感があります。

●間仕切壁用ペットドア
猫が自由に行き来できる猫専用のドアです。壁の下の一部の設置をします。自由に行き来できるので、飼い主さんが毎回ドアを開けてあげる必要がなくなります。自由に行動できれば、猫にとってストレスフリーとなることでしょう。

●ロック機能付室内用ペットドア
ロック機能付のものであれば、お留守番時にはロックをかけて部屋に入れないようにするなど、臨機応変に対応ができます。

●マルチシンク
猫を飼っている家では抜け毛が気になると思います。特に長毛種は床に落ちている抜け毛が目立ち、換毛期には抜け毛が多くなります。
抜け毛対策には丁寧なお手入れが大切です。マルチシンクを備えておけば、毛並みを整えたり、汚れを落としたりなど、お手入れをしやすくなります。

●キャットウォーク
高いところから眺めることが好きな猫なら、キャットウォークを気に入ってくれることでしょう。1階と2階を自由に行き来できる設計にもできます。

このような工夫をすることで、猫も人間も快適に過ごせることでしょう。猫をすでに飼っている、新しい家で猫を飼う予定、そのような場合は猫のことも考えた家にしてみませんか。”