注文住宅での業者選びで労を惜しまない

“家づくりを建売ではなく、注文住宅でということであれば、よく言われるのが業者選びで間違ってはいけないということです。とはいえ業者選びをどのようにしていけばよいのか、これもいろいろな考え方があります。業者は仕事が取りたいので、聞こえの良いことをたくさん言ってくれますし、全面サポートという感じの対応をしてくるかもしれませんが、いざ契約が済んでしまうと、かなり現実的な対応をしてくるということもあります。そして業者の提案を受け入れないと、予算がアップしていくことを言われたりもします。

信頼できる業者選びというのは本当に難しいのです。ハウスメーカーの場合には、その点で大手ゆえの安定感や信頼性を得ているように思いますが、それでも融通が利かなかったり、特定の商品を選ぶと、こっちはどうかとか、気が進まない態度に出てきたりもありますし、その商品は扱っていないと断られたりすることさえあります。業者も商売ですので、利益にならないようなことはしたくないし、利益になることを勧めてくる、これもまた真実です。

そして業者を決めてしまった以上、あとはその業者と仲良くしなければなりませんし、良いも悪いも、依頼者が決めたことなのでその責任を負うのも確かです。難しい選択ですが、自分がどのようなことを重視して家づくりをしたいのか、そしてそれに業者の方がどれほど聞く耳があるのかがポイントになってきます。業者の態度や接し方は、業者選びで大切な部分です。施主側の目線があるのかどうか、単に業者の利益ばかりを考えているのか、そうしたことは言葉の端々で出てくるものです。そのあたりの感触を確かめるべきです。

業者が友好的で、裏表のない感じだと、なんでも相談することができるし、信頼もできます。そうした業者と巡り会って作る家づくりは本当に楽しいし、完成が待ち遠しくなります。業者選びでは、労を惜しまない態度でのぞむことができれば、きっと成功します。”